このエントリーをはてなブックマークに追加
新型肺炎の国内患者を治療した、国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長が14日、日本環境感染学会の緊急セミナーで講演した。国内で感染源の特定できない患者がでていることを受け、医療従事者向けに「地域や学校で(新型肺炎を疑う)呼吸器患者の集団を見つけることが大事」と話した。
↓広島弁でいうと…
新型肺炎の国内患者を治療した、国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長が14日、日本環境感染学会の緊急セミナーで講演したんじゃ。国内で感染源の特定でけん患者がでとることを受け、医療従事者向けに「地域や学校で(新型肺炎を疑う)呼吸器患者の集団を見つけることが大事」ゆぅて話したんじゃ。
【おもしろかったら友達とシェアしてや】
xxxxx views

© 2013-2015 yanoshin_jp and kt2m All Rights Reserved.