このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャンプスルーを省エネでやっていたら、バカーサナがやりにくくなってしまった。

ジャンプスルーでは、両足をしっかり引き込んでいれば、肘を曲げた状態でも腕のあいだをくぐり抜けることができる。

ジャンプスルーはアサナとアサナのあいだを繋ぐものなので、楽にできるなら極力そうしたほうがよいと考え、上記のようなやり方で低めのジャンプスルーをやっていた。

しかし、ちょっと違うのではないか。ジャンプスルーは単にそれができればよいということではなく、さらに先のアサナのためのトレーニングになっているという意味もある。

肘を真っ直ぐ伸ばして、空中でしっかりマットを押すことは、バカーサナのようなハンドスタンド系のアサナの基礎になっているようだ。
↓広島弁でいうと…
ジャンプスルーを省エネでやっとったら、バカーサナがやりにくくなってしもぉたんじゃ。

ジャンプスルーじゃぁ、両足をしっかり引き込んでおりゃぁ、肘を曲げた状態でも腕のあいだをくぐり抜けることがでける。

ジャンプスルーはアサナとアサナのあいだを繋ぐもんなけぇ、楽にできるなら極力そがぁなほうがよいゆぅて考え、上記んようなやり方で低めのジャンプスルーをやっとったんじゃ。

ほぃじゃが、ちぃと違うんじゃぁないか。ジャンプスルーは単にそれができりゃぁよいっちゅうことじゃぁのぉて、さらに先のアサナのためのトレーニングになっとるっちゅう意味もあるんじゃ。

肘を真っ直ぐ伸ばして、空中でしっかりマットを押すこたぁ、バカーサナんようなハンドスタンド系のアサナの基礎になっとるようじゃ。
【おもしろかったら友達とシェアしてや】
xxxxx views

© 2013-2015 yanoshin_jp and kt2m All Rights Reserved.