このエントリーをはてなブックマークに追加
謎の5人の男 時間変わって、現在。 ケンシロウ達北斗四兄弟と、居候のメイトは南斗のメンバーとハイキングに出かけていた バット:ヤッホーー!! やまびこ:ヤッホーー!! メイト:おーい! やまびこ:おーい! アミバ:コケコッコー!! やまびこ:コケコッコー!! ユダ:お前は美しいぞー!! やまびこ:お前は美しいぞー!! メイト:ユダさんらしいやまびこだね トキ:おーい!みんな、そろそろ行くよー! ケンシロウ達は山頂につくと、ブルーシートを広げた。 そして、思い思いの写真を撮ったり、スケッチをしたりし始めた ユリア:見て、ケン…あそこに湖があるわ ケンシロウ:ああ…綺麗だな… リン:空気が美味しい… マミヤ:本当ね〜 シン:!あそこの滝、虹が出てる! ジャギ:お、本当か!?写真撮ろうぜ! メイト:ふー… そうして、ハイキングはあっという間に終わり、ケンシロウ達は下山し、駐車場に戻ってバスに乗りこんで山を離れた。アミバの運転で世紀松町に帰っている道中… シュウ:沢山撮れたな シバ:はい! バット&リン:……( ー﹃ー)zzz.... アイリ:バットとリンちゃん…寝ちゃったわね トキ:この日を待ち望んでいたからなぁ… サウザー:…… オウガイ:サウザー、眠いのだったら寝なさい サウザー:はい… その時 アミバ:っ!!! 全員:!? もう少しで世紀松町に入る手前、アミバは何かを見つけたのか、急ブレーキを掛けた ラオウ:何事だアミバ!!! アミバ:す、すみません!!人が倒れていたもので!! ラオウ:何!? トキ:人が? メンバーが外に出てみると、ケンシロウに似た男、拳志郎と、ラオウに似た男劉宗武と、レイに似た男流飛燕と長髪の男2人ギーズと張太炎が体と服がボロボロの状態で倒れていた レイ:!?もしもし!?大丈夫か!? マミヤ:……… マミヤが5人の心音を聞いた マミヤ:5人とも微かだけど息はある…けど、このままだと死んじゃうかもしれないわ! トキ:すぐに治療しよう!メイトちゃんはアミバと私とこの5人を医療センターに飛ばして! メイト:うん! メイトは魔法でトキとアミバと5人を北斗医療センターにワープさせた。 メイト達はバスを元の位置に停車した後、北斗医療センターに走って向かった。
↓大阪弁でいうと…
謎の5人の男 時間変わって、現在。 ケンシロウ達北斗四兄弟と、居候のメイトは南斗のメンバーとハイキングに出かけとった バット:ヤッホーー!! やまびこ:ヤッホーー!! メイト:おーい! やまびこ:おーい! アミバ:コケコッコー!! やまびこ:コケコッコー!! ユダ:お前は美しいぞー!! やまびこ:お前は美しいぞー!! メイト:ユダはんらしいやまびこだね トキ:おーい!みんな、そろそろ行くよー! ケンシロウ達は山頂につくと、ブルーシートを広げた。 ほんで、思い思いの写真を撮ったり、スケッチをしたりし始めた ユリア:見て、ケン…あそこに湖があるわ ケンシロウ:ああ…綺麗だな… リン:空気が美味しい… マミヤ:ホンマね〜 シン:!あそこの滝、虹が出てる! ジャギ:お、ホンマか!?写真撮ろうぜ! メイト:ふー… そうして、ハイキングはあっちう間に終わり、ケンシロウ達は下山し、駐車場に戻ってバスに乗りこんで山を離れた。アミバの運転で世紀松町に帰っとる道中… シュウ:沢山撮れたな シバ:はい! バット&リン:……( ー﹃ー)zzz.... アイリ:バットとリンちゃん…寝ちゃったわね トキ:この日を待ち望んでいたからなぁ… サウザー:…… オウガイ:サウザー、眠いのやったら寝なさい サウザー:はい… その時 アミバ:っ!!! 全員:!? もうちびっとで世紀松町に入る手前、アミバは何ぞを見つけたのか、急ブレーキを掛けた ラオウ:何事だアミバ!!! アミバ:す、すみまへん!!人が倒れとったもので!! ラオウ:何!? トキ:人が? メンバーが外に出てみると、ケンシロウに似た男、拳志郎と、ラオウに似た男劉宗武と、レイに似た男流飛燕と長髪の男2人ギーズと張太炎が体と服がボロボロの状態で倒れとった レイ:!?もしもし!?大丈夫か!? マミヤ:……… マミヤが5人の心音を聞いた マミヤ:5人とも微かやけど息はある…けど、このまんまだと死んやうかもしれへんわ! トキ:すぐに治療しよう!メイトちゃんはアミバとわいとこの5人を医療センターに飛ばして! メイト:うん! メイトは魔法でトキとアミバと5人を北斗医療センターにワープさせた。 メイト達はバスを元の位置に停車した後、北斗医療センターに走って向かった。
【おもしろかったら友達とシェアしてや】
xxxxx views

© 2013-2015 yanoshin_jp and kt2m All Rights Reserved.