このエントリーをはてなブックマークに追加
47都道府県立高校を対象とした新型コロナウイルスによる休校の影響をめぐる本紙調査では、1学期の授業日数が短くなったことを受け、休校中の家庭学習を1学期の成績評価対象とした都道府県が全国で40近くに達することが18日、分かった。一部では中間テストや実技・実習の授業が行えない状況も生じているが、3年生にとって1学期の成績は、大学入試の合否判定の重要な要素になることもあり、各校は対応に頭を悩ませているようだ。
↓大阪弁でいうと…
47都道府県立高校を対象とした新型コロナウイルスによる休校の影響をめぐる本紙調査では、1学期の授業日数が短くなりよったことを受け、休校中の家庭学習を1学期の成績評価対象とした都道府県が全国で40近くに達することが18日、分かった。一部では中間テストや実技・実習の授業が行えへん状況も生じとるが、3年生にとって1学期の成績は、大学入試の合否判定の重要な要素になることもあり、各校は対応に頭を悩ませとるようや。
【おもしろかったら友達とシェアしてや】
xxxxx views

© 2013-2015 yanoshin_jp and kt2m All Rights Reserved.