このエントリーをはてなブックマークに追加
説明: SCP-2708-JPは後述するSCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-B及び当該オブジェクト群によって引き起こされる異常現象の総称です。SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bはいずれも長野県南部の山間部に存在しています。 SCP-2708-JP-Aはアカギツネ(Vulpes vulpes)の外見を有するクラスη霊体1です。 SCP-2708-JP-Bはホンドタヌキ(Nyctereutes procyonoides viverrinus)の外見を有するクラスη霊体です。 SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bはいずれも様々な物体・生物に擬態する能力を有しています。通常、SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bに接触することは不可能ですが、当該能力を使用している間は物理的な接触が可能になります。毎月15日前後になると、存在区域内に生息する動物に対し当該能力を用いて一般的に"いたずら"と称されるような行動を取り始めます(以下、本イベントをイベント2708-JPと呼称)。イベント2708-JPは天候によって前後するものの3日間続けて行われます。 イベント2708-JPが終了すると、SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bは存在区域内に植生している樹高19mのクスノキ(Cinnamomum camphora)の麓に集合し、イベント2708-JPの成功数について競い合う様子が確認されています。なお、この時SCP-2708-JP-AとSCP-2708-JP-Bは日本語を用いて会話を行います。SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bが日本語を習得できた要因については現在も不明です。 SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bは未知のプロセスを経て増加、消失することが確認されています。増加の要因は不明ですが、消失する要因としてはSCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bの心理状態が関係しているものと推測されています(補遺2参照)。
↓大阪弁でいうと…
説明: SCP-2708-JPは後述するSCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-B及び当該オブジェクト群によって引き起こされる異常現象の総称や。SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bはいずれも長野県南部の山間部に存在していまんねんわ。 SCP-2708-JP-Aはアカギツネ(Vulpes vulpes)の外見を有するクラスη霊体1や。 SCP-2708-JP-Bはホンドタヌキ(Nyctereutes procyonoides viverrinus)の外見を有するクラスη霊体や。 SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bはいずれも様々な物体・生物に擬態する能力を有していまんねんわ。通常、SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bに接触することは不可能やけどアンタ、当該能力を使用しとる間は物理的な接触が可能になるんや。毎月15日前後になると、存在区域内に生息する動物に対し当該能力を用いて一般的に"いたずら"と称されるような行動を取り始めまんねん(以下、本イベントをイベント2708-JPと呼称)。イベント2708-JPは天候によって前後するものの3日間続けて行われまんねん。 イベント2708-JPが終了すると、SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bは存在区域内に植生しとる樹高19mのクスノキ(Cinnamomum camphora)の麓に集合し、イベント2708-JPの成功数について競い合う様子が確認されていまんねんわ。なお、この時SCP-2708-JP-AとSCP-2708-JP-Bは日本語を用いて会話を行いまんねんわ。SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bが日本語を習得できた要因については現在も不明や。 SCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bは未知のプロセスを経て増加、消失することが確認されていまんねんわ。増加の要因は不明やけどアンタ、消失する要因としてはSCP-2708-JP-A、SCP-2708-JP-Bの心理状態が関係しとるものと推測されていまんねんわ(補遺2参照)。
【おもしろかったら友達とシェアしてや】
xxxxx views

© 2013-2015 yanoshin_jp and kt2m All Rights Reserved.