このエントリーをはてなブックマークに追加
こうする事で単なる素立ちの車両だけの展示から「周囲の風景と一体化させることで車両までもが生き生きと見える」という効果が得られるという例えをわかりやすく表現した名文だと思います。これは走らせる事に限らず、飾る場合にも当てはまる事ではないかと思えるのです。  なんで今になってこんなことを意識し始めているかというと、この春からのコロナ禍に伴う積みキット消化の過程で増えたペーパー建物の並べ替え遊びが上述の素朴な意味でのレイアウトの魅力を再認識させているように感じているからです。  特に先日作ってみた線路のお立ち台(侍らせ台)を作ってからよりいっそうそれが実感されてきています。
↓大阪弁でいうと…
こうする事で単なる素立ちの車両だけの展示から「周囲の風景と一体化させることで車両までもが生き生きと見える」ちう効果が得られるちう例えをわかりやすく表現した名文だと思うで。これは走らせる事に限らず、飾る場合にも当てはまる事ではおまへんかと思えるちうワケや。  なんで今になってこないなことを意識し始めておるかちうと、この春からのコロナ禍に伴う積みキット消化の過程で増えたペーパー建物の並べ替え遊びが上述の素朴な意味でのレイアウトの魅力を再認識させとるように感じておるからや。  特に先日作ってみた線路のお立ち台(侍らせ台)を作ってからよりいっそうそれが実感されてきていまんねんわ。
【おもしろかったら友達とシェアしてや】
xxxxx views

© 2013-2015 yanoshin_jp and kt2m All Rights Reserved.