このエントリーをはてなブックマークに追加
未来のことを考えて悲しんだり、喜んだりするのは愚かで無駄なことである。なんとなればたぶん決してこちらの思い通りにならないだろうから。 けれどもこういう空想に迷わされるのは、人間によくあることである。かように敵の暗示に負けやすいのは、その心がまだ弱いという証拠である。 なんとなれば、かれはあなたを欺くためには、真理でも偽りでもかまわず用いるし、あなたを倒すためには、現在の愛着でも、未来の恐怖でも選ぶところなく用いるからである。 だからあなたは心を騒がしてはならぬ、また恐れてはならぬ。 わたしを信じ、わたしの哀れみにより頼め。 あなたが自分でわたしから遠く離れていると思っている時、かえってわたしのあなたに近づいていることが往々ある。 あなたがほとんどすべてを失ったと思う時、いっそう大きい利益の近づいていることが往々ある。 望み通りにいかなかったとしても、それですべてがだめになったわけではないのである。 あなたは目先の感情でことを判断してはならぬ。またどこから来た困難にせよ、それに囚われてこれを逃れる希望がまったくなくなったように思ってはならぬ。
↓大阪弁でいうと…
未来のことを考えて悲しんだり、喜んだりするのは愚かで無駄なことである。なんとなればたぶん決してウチの思い通りにならへんやろうから。 けれどもこういう空想に迷わされるのは、人間によくあることである。かように敵の暗示に負けやすいのは、その心がまだ弱いちう証拠である。 なんとなれば、かれはあんはんを欺くためには、真理でも偽りでもかまわず用いるし、あんはんを倒すためには、現在の愛着でも、未来の恐怖でも選ぶトコなく用おるからである。 やからあんはんは心を騒がしてはならぬ、また恐れてはならぬ。 わいを信じ、わいの哀れみにより頼め。 あんはんがオノレでわいから遠く離れとると思っとる時、かえってわいのあんはんに近づいとることが往々ある。 あんはんがほとんどすべてを失ったと思う時、いっそう大きい利益の近づいとることが往々ある。 望み通りにいかなかったとしても、それやべてがだめになりよったわけではおまへんのである。 あんはんは目先の感情でことを判断してはならぬ。またどこぞら来た困難にせよ、それに囚われてこれを逃れる希望がまるっきしなくなりよったように思ってはならぬ。
【おもしろかったら友達とシェアしてや】
xxxxx views

© 2013-2015 yanoshin_jp and kt2m All Rights Reserved.