このエントリーをはてなブックマークに追加
大魔王アミバ誕生! ここは、世紀松町……ではなく、ミートピア。 Mii達が暮らす平和な世界です。 いいえ、平和な世界…でした 突如現れたのです!ミートピアを脅かす影が! 何者かがMii達の顔を奪ってしまい、そして、Miiの顔がくっついた怪物たちが生み出されたのです! その頃、こちらの世界の世紀松町では… スペード:皆のってるかー!? 皆:いえぇぇぇ!!! 元斗合同体育館でライブが行われていた。 その時、突然館内の電気が切れてしまった! ジャギ:な、なんだぁ!? アスカ:パパ〜!暗いよ〜!! アイン:アスカ!大丈夫だ! アミバ:いてっ! マミヤ:あっ、ごめん 体育館職員:な、なんで急に…!? ファルコ:みんな落ち着くのだ! トキ:メイトちゃん、明かりを出して! メイト:OK! メイトが魔法であたりを照らした…その時! マミヤ:きゃぁぁぁ!!!! メイト:マミヤさん!?どうしたの!? マミヤ:ア、ア、アミバの顔がっ!! メイト:アミバさんの顔……!?うわぁぁっ!! ケンシロウ達:!? なんと、アミバの顔が消えてしまっていた!アミバは顔のない状態でオロオロしていた… ケンシロウ:こ、これは一体… アミバ:…………… ラオウ:アミバ!おい、アミバ! アミバ:…………!……! サウザー:ラオウの声が聞こえていないのか…!? トキ:いや、聞こえてはいるが、顔がないせいで、声が出ないんだ! その時 フハハハハハハー!!! 世紀松メンバー:!? 謎の高笑いと共に、モニターが砂嵐に変わったとおもえば、謎の人影が映し出された! ???:探しものはこれか? 謎の人影が手を振り下げると、アミバの顔が謎の人影のそばに現れた! アミバの顔:ひ、ひぃーっ!! レイ:アミバの顔!? リン:アミバさんの顔が消えたのはあなたの仕業だったのね! ???:その通り! バット:お前は何もんだ!何でこんなことしやがる! ???:いいだろう!教えてやる!俺はミートピアを恐怖で征服する大魔王!怪物を操るために顔を奪うものだ! メイト:アミバさんの顔返せ!この顔面泥棒!! バット:そーだそーだ!! 大魔王:フン!こやつの顔はもう俺のものだ! 大魔王はそういうとアミバの顔を取り込んだ! アミバの顔:うわぁぁっ!! ラオウ:アミバッ!! すると、大魔王の顔が光に包まれ、アミバの顔になった! 大魔王アミバ:フハハハー!! リュウガ:ア、アミバの顔になった!? 大魔王アミバ:さて…俺の力を見せてやろう!はあっ!!! ラオウ:!? ジャギ:うわっ!? メイト:ラオ兄!ジャギ兄! マミヤ:キャッ!? シン:なぁっ!? ユリア:っ!? ケンシロウ:マミヤ!ユリア!シン! オウガイ:うっ!? サウザー:お師さん! シバ:わっ!? シュウ:シバ! アイリ:キャッ! レイ:アイリ! 大魔王アミバはラオウ、ジャギ、マミヤ、シン、ユリア、オウガイ、シバ、アイリの顔を奪ってしまった! 大魔王アミバ:フン!全員とまでは行かなかったが、今回はこの位にしておいてやろう!絶望にのたうち回るがいい! 大魔王アミバが高笑いをしたあと、画面はもとの砂嵐に戻った…
↓大阪弁でいうと…
大魔王アミバ誕生! ここは、世紀松町……ではなく、ミートピア。 Mii達が暮らす平和な世界や。 えええ、平和な世界…やった 突如現れたちうワケや!ミートピアを脅かす影が! 何者かがMii達の顔を奪ってしまい、ほんで、Miiの顔がくっついた怪物たちが生み出されたちうワケや! その頃、ウチの世界の世紀松町では… スペード:皆のってるかー!? 皆:いえぇぇぇ!!! 元斗合同体育館でライブが行われとった。 その時、突然館内の電気が切れてしもた! ジャギ:な、なんだぁ!? アスカ:パパ〜!暗いよ〜!! アイン:アスカ!大丈夫だ! アミバ:いてっ! マミヤ:あっ、ごめん 体育館職員:な、なんで急に…!? ファルコ:みんな落ち着くのだ! トキ:メイトちゃん、明かりを出して! メイト:OK! メイトが魔法であたりを照らした…その時! マミヤ:きゃぁぁぁ!!!! メイト:マミヤはん!?どうしたの!? マミヤ:ア、ア、アミバの顔がっ!! メイト:アミバはんの顔……!?うわぁぁっ!! ケンシロウ達:!? なんと、アミバの顔が消えてしまっとった!アミバは顔のない状態でオロオロしとった… ケンシロウ:こ、これは一体… アミバ:…………… ラオウ:アミバ!おい、アミバ! アミバ:…………!……! サウザー:ラオウの声が聞こえておらへんのか…!? トキ:いや、聞こえてはいるが、顔がないせいで、声が出ないんだ! その時 フハハハハハハー!!! 世紀松メンバー:!? 謎の高笑いと共に、モニターが砂嵐に変わったとおもえば、謎の人影が映し出された! ???:探しものはこれか? 謎の人影が手を振り下げると、アミバの顔が謎の人影のそばに現れた! アミバの顔:ひ、ひぃーっ!! レイ:アミバの顔!? リン:アミバはんの顔が消えたのはあんはんの仕業やったのね! ???:その通り! バット:お前はなあんもんだ!何でこないなことしやがる! ???:ええやろう!教えてやる!わてはミートピアを恐怖で征服する大魔王!怪物を操るために顔を奪うものだ! メイト:アミバはんの顔返せ!この顔面泥棒!! バット:そーだそーだ!! 大魔王:フン!こやつの顔はもうわてのものだ! 大魔王はそういうとアミバの顔を取り込んだ! アミバの顔:うわぁぁっ!! ラオウ:アミバッ!! すると、大魔王の顔が光に包まれ、アミバの顔になりよった! 大魔王アミバ:フハハハー!! リュウガ:ア、アミバの顔になりよった!? 大魔王アミバ:さて…わての力を見せてやろう!はあっ!!! ラオウ:!? ジャギ:うわっ!? メイト:ラオ兄!ジャギ兄! マミヤ:キャッ!? シン:なぁっ!? ユリア:っ!? ケンシロウ:マミヤ!ユリア!シン! オウガイ:うっ!? サウザー:お師はん! シバ:わっ!? シュウ:シバ! アイリ:キャッ! レイ:アイリ! 大魔王アミバはラオウ、ジャギ、マミヤ、シン、ユリア、オウガイ、シバ、アイリの顔を奪ってしもた! 大魔王アミバ:フン!全員とまでは行かなかったが、今回はこの位にしておいてやろう!絶望にのたうち回るがええ! 大魔王アミバが高笑いをしたあと、画面はもとの砂嵐に戻った…
【おもしろかったら友達とシェアしてや】
xxxxx views

© 2013-2015 yanoshin_jp and kt2m All Rights Reserved.